観葉植物の育て方

観葉植物の育て方

さまざまな観葉植物の育て方をご紹介しています。観葉植物をお部屋やオフィスのデスクに飾って見ませんか?観葉植物があるだけで雰囲気が変わってリフレッシュできますよ。

観葉植物の育て方

ツル性アイビーの育て方とは?

寒さに強い観葉植物のアイビーは、ドンドン屋外でも育ちますし、勿論チャンと屋内でも育ちます。

簡単な育て方と見た目にギャップのあるのが、観葉植物の種類の中でもアイビーがではないでしょうか?

【育て方のポイント】
●屋外の場合●
アイビーのイメージとして、弱々しく一見果かない感じですが、大変寒さに実は強くどの様な状況でも育ってくれるのです。

放って置くとツル性の為ドンドン伸びてしまい、家の壁を覆っているお宅を時々見かけますが、外壁の素材を傷めるのでお勧め出来ません。

●屋内の場合●
観葉植物として楽しむ育て方を選んでいるのであれば、部分的にツル性の為に成長する事もありますので、形が株全体の崩れる事を防ぐ為、枝の少ない部分を伸ばす様にして伸びすぎたつる部分を切り詰めましょう!

ワイヤーで円形やハート型等の形を鉢に作り、アイビーの特徴を生かしてワイヤーに葉やツルが伝って思い通りの形に育ってくれますよ。

但し、時間が少々掛かってしまうのが難点なのですが、意外と思い描いた形に早く成長をしてくれますので贈り物は勿論、ご自信で育っていく過程を楽しむのも良いですね。

そして、アイビーを切り詰めて残った葉っぱの茎部分を、水に漬けておくと根が簡単に出て、また植え替えれば育つのです。

この時の葉っぱは、ツルの付いた状態で3~5枚の物を、水をコップに入れ差しておくと、根が約1ヶ月が出てきますので植え換えも良いですが、観賞用にそのままにしておいても素敵ですね!

器をガラス製にし貝殻やビー玉と一緒に飾ったり、小瓶にお洒落にに飾ったりすると、とても涼しげでそして可愛いと思います。
但し、水温は冬場15度以上にしておく事が大切です。